ブライダルリングの刻印、例えばこんな言葉もステキ!

ブライダルリングは昔から愛を誓う象徴としての役割を担ってきました。ウェディングの日を迎えたふたりが、指にそっと付け合うブライダルリング。式では感動的なシーンのひとつです。ブライダルリングの内側に刻印を入れる人が多いことはご存じですか。

ふたりだけの気持ち、ふたりだけの言葉。どんな風に刻みたいでしょうか。日々身につけるものだからこそ、しっかり考えたいですよね。アイデアになるような刻印の例を紹介します。

関連:ブライダルリングって?!ブライダル関係の指輪の基礎知識

ブライダルリングの刻印にふたりらしくこだわりたい!

昔よりもずっと、ブライダルリングのデザインの幅が広がりました。世の中にはさまざまなブライダルリングがあります。エンゲージリングとの重ね付けで、雰囲気の変化を楽しめるタイプも出ています。ブライダルリングといっても、昔のようにシンプルなラインにこだわらず、デザインや素材、宝石にオリジナリティーを追求して探すカップルも増えました。

しかし意外に刻印までは気がまわらないものです。いざリングをオーダーや購入する際に、提案されるがままに慌てて決めてしまうよりは、希望を言えたほうが良いですよね。時間がある内にイメージをして、決めておくと良いでしょう。

ただし、刻印できる文字数やデザインには限りがあります。事前に文字数を確認したうえで、刻んでもらいたいデザインの候補をいくつか考えておけば安心です。もちろんどうしても決められない場合は、ジュエリーショップの担当者はプロですので、相談をして決めるのもひとつでしょう。

ブライダルリングの刻印の定番は?

ブライダルリングの刻印で定番なのは、やはりイニシャルに結婚記念日の数字を添えたものです。昔から変わらず、頭文字をとって「イニシャルtoイニシャル」といったデザインを取り入れる人も多いといいます。

もしくは下の名前だけ「名前to名前」といれます。贈る、捧げるというニュアンスでtoを使いますが、その部分をハート型や星型など記号に変えるデザインも可愛らしいと人気です。どのような記号や字体であれば刻印できるのか、事前にジュエリーショップに聞いてみても良いでしょう。

定番の結婚記念日を刻印にすることは、男性側からすると実は別にメリットもあるようです。記念日を覚えておくのがちょっと苦手な男性にとっては、結婚記念日が入っていると、もし日付や年数を忘れてしまっても手元で確認ができます。

うっかり奥さんに聞けば、大切な記念日を忘れたとバレてしまいます。身に付けていればいつでも確認でき、気まずく感じることも避けられるので便利です。

関連:ブライダルリングの人気ブランド

愛や誓いたい未来への言葉を刻む

敢えて定番ははずし、ふたりの好きな言葉や愛の誓いを刻む人もいます。ステキな英文をこちらに紹介します。2語以上の英文であれば、Heart to Heart「心からの想いをこめて」All My Love「私からいっぱいの愛を」Crazy for you「あなたしか見えない」Yours Forever「ずっと生涯あなたのもの」Always with you「いつも一緒に」Now and Forever「ずっとこの先も変わらない」With You「いつでもあなたと共に」などが選ばれています。

ひとつの単語であれば、運命や永遠の気持ちを表すDestinyやForeverなどもあります。割と誰もが知っていて意味もシンプルなHappyやLove、Smileを選ぶ人も。変わらぬ愛、という思いを込めてForever LoveやOne Love、Only Loveを使う人もいます。

ほかにも、Sweet Heart「愛しい人」があり、同じ意味で男性から女性へはYou’re my girl、女性から男性へはYou’re my manを用いることもあります。これらは愛しい人、自分にとって最愛の人といったニュアンスです。

もう少し長くして、You Are My Destiny「あなたこそ運命の人」を使っても表すことができます。結婚という神聖なセレモニーに合わせ、Pure Love「純粋な心からの愛」True Love「本当の愛」といった愛にまつわる言葉を選ぶ人もいます。

ふたりだけの歌から言葉をみつける

洋楽好きなふたりであれば、思い出のタイトルや歌詞の一節から選んでもおしゃれでしょう。例えば、I just can't stop loving You「この気持ちがとまらない」Close to you「そばにいたい」So much in love「あなたに夢中」Loving You「愛してる」などといったメッセージのような言葉を好きな作品から探してもステキですよね。

また、歌詞などのひとつながりの一文から半分ずつ言葉をひろって、ふたりのブライダルリングがそろってこそ区切られた文の意味が通るような刻印も、ペア感がぐっと高まります。アメリカのあるラブストーリーの映画のワンシーンで、Our songについて語らうシーンがありました。

ふたりだけの歌、ふたりで一緒に決めたその曲はどんなときでもふたりの時間をスペシャルにします。どんなに年月が過ぎても変わらない、大切に思う気持ちと共に。ある出来事で落ち込む彼女をなぐさめるために、その曲を口ずさみながら船上で静かにステップを踏むダンスシーンは、とてもロマンチックなものでした。

ふたりだけの歌から言葉をみつけてみてはいかがでしょうか。

刻印を考えるときの注意点

ブライダルリングの刻印を考えるときの注意点がふたつあります。まずひとつめは、リング自体の幅やサイズによって文字数に限りがある可能性を理解しておくことです。また、リングのデザインによっては刻印が難しいこともあるようです。

ステキな刻印にしようとイメージを膨らませ過ぎる前に、ジュエリーショップへ必ず問い合わせることをおすすめします。

ジュエリーショップの店舗での刻印ができない場合もあります。その際にはリングなどジュエリーに刻印をできる工房を探す必要があり、挙式までに間に合うよう早めに手配をしなくてはなりません。日数を考えながら、準備が大事です。

ふたつめはアフターケアも見越して考えることです。ブライダルリングを身につけていく内に、サイズの直しをすることもあるでしょう。リングのサイズを調整することも考え、余白を残した刻印にしておく必要があります。

大切な気持ちをふたりらしく刻印に込めましょう

刻印は一生ブライダルリングと共に残ります。せっかくですからふたりらしく、そしてウェディングを迎える幸せいっぱいな気持ちを温かいまま文字に込めて残したいものですよね。定番も良いですが、身につける自分たち自身に「いま」の気持ちを思い起こさせる言葉や、結婚に願う思いを綴っても良いでしょう。

あまり一般論にとらわれ過ぎず、ユニークなアイデアを形にしてみてもふたりらしさが出ます。大切に考えて選んだ刻印であれば、どんな言葉もスペシャルになるでしょう。大切に思い合える愛にめぐり合えたのは幸せなことです。

その幸せな気持ちを、生涯そばに置くために、ぜひステキな刻印を考えてみてください。

投稿日: